主婦でも出来るバイナリーオプション

やっぱり難しいバイナリーオプション、絶対攻略してやる!

前から投資に興味はあったのですが、専門的な知識が必要だし、なにより、多額の借金を抱えてしまうというリスクを考えるとなかなか手を出せないでいました。そんな時に、出会ったのがバイナリーオプションでした。
インターネットなどで調べてみたところ、非常に簡単そうで、少ない知識と資金で出来るというのが魅力的で口座を開設しました。
最初のうちは、はっきり言ってギャンブルです。基本的には、50%の確率で当たるので、運に任せていましたが、運用開始1か月で10万程の利益を得ることに成功してしました。これで気をよくしてしまい、資金を増やしてさらに投資を重ねていくのですが、結果は散々で目も当てられません。3か月後には、資金ゼロです。
資金が底をついたのを機に、続行か止めるのか真剣に悩み、続行を選択しました。
あくまでバイナリーオプションは投資であり、ギャンブルではないという事を肝に銘じて行動を開始することに。資金に関しては、ボーナスの50万円を用意し、ポジションサイズは、基本的に総資金額の1%~5%に設定し運用します。今までは、短期取引のハイ&ローだけでしたが、ワンタッチ型やレンジ型など色々な物を利用します。
トレンドを把握するために、インターネットやニュース、雑誌や書籍など様々な物から情報を入手することも怠りません。チャートを読む力をつけるため、ポジションを持たない時でも、じっくり見続けて観察したりもしました。どんなに見続けて、思ったような動きはほとんどせず、まるで生き物のようです。はっきり言ってよくわからないというのが本音です。
結局、トレンドを把握して、相場の動きに逆らわないという王道の方法で運用していますが、ポジションを持つ回数が少ないため利益を上げづらいです。チャートを読めれば逆張りも出来るのですが。それでも、自分のルールと微力ながら得てきた経験と知識で、僅かながら利益を上げることには成功しています。
これからも、バイナリーオプションを続けていくつもりですが、最初の損失をリカバリー出来る日はまだ先になりそうです。

 

 

バイナリーオプションはメンタルも大事

 

私が積極的にバイナリーオプションに取り組んでいたのは、今から二、三年前のことです。当時、お金のかからない手軽な投資商品は何かないかと考えていた私は、ネットで偶然、素敵な商品を見付けました。それがバイナリーオプションでした。
調べてみると、ルールも大変シンプルで簡単でした。それに外国為替証拠金取引に比べると、失敗しても損失は投資資金に限定されるので、何だか安全そうにも見えました。しかも、多くの業者では最低1000円程度からでも取り引き可能であり、中には数百円から取り引きできる業者もあり、「これは是非、一度やってみなければならない」と感じたものでした。
そこで早速、国内の或る中堅業者に申し込み、取り引きを始めました。しかし投資の初心者である私が、いきなり現金で取り引きを始めるのは少し抵抗を感じたので、まずはデモ取引を試してみました。すると面白いように利益を獲得することができて、僅か十日で資金を三倍以上に増やすことができました。
「これならいけるぞ」と確信した私は、翌日から現金取引を開始しました。ただし用心深い私は、最初は1000円から始めました。すると当初はデモ取引の勢いが続いていて、連日勝ちが続きました。すっかり気を良くした私は、思い切って金額を5000円に増やしてみました。
ところが、その途端、気味が悪いほど負け続けました。それまでコツコツ稼いだ資金がどんどん減っていきました。気を取り直して挽回しようと思っても、全然上手くゆきません。私はすっかり焦ってしまい、もうどうしたら良いのか分からなくなってしまったのでした。
結局、私はバイナリーオプション用の資金50000万円を全部失ってしまいました。敗因は、メンタルの弱さでした。少し負けたくらいで動揺するようなメンタルでは、バイナリーオプションで儲けることはできないのだと悟りました。この経験を、是非とも今後の取り引き再開に活かしたいと考えている今日この頃です。

 

 

基本的には天気が良い日に売買をするのが良いFX

 

おすすめ副業としての金融関連の商品は、実は天気などと大きな関係があります。その状況次第で、やや動きが小さくなる可能性を秘めている訳ですね。ですので天気次第では、あまり売買をしない方が良い一面もあります。そもそも天気が悪くなってしまいますと、人間の心はやや沈む傾向があるのです。そのような精神状態は様々な影響を及ぼす訳ですが、その1つが金融関連の取引なのですね。

 

人間は心が沈んでいると、あまり取引をしたくないと思っている傾向があります。むしろ晴れている日の方が気分が乗っている事が多いので、売買をする方々も増えることが多い訳ですね。そして実はそれは、FXとも関係はあります。なぜならやはり市場参加者によって、マーケットが動いている一面があるからです。そもそもマーケットというのは、参加人数によって動きが異なってくる一面があるのです。多くの方々がそれに参加をしていれば、だいぶマーケットも活性化する傾向がありますが、それは前述のような天気と大きな関係があるのですね。

 

あまり天気が良くないとなると、やはりマーケットに参加をする方々の人数は、減少する傾向があります。ですので世界中で雨が降っているような時には、ちょっとマーケットも不活発になりがちなのですね。したがってレンジ相場が形成されやすくなると言われています。逆に晴れている日などは、マーケットが活発になりやすいので、それだけトレンドなども形成されやすくなる傾向があるのです。

 

したがってこの金融商品で売買を行おうと思うのであれば、やはり天気なども気にしておく方が良いと思います。基本的には良い天気の日に、売買を行うのが良いとも言える訳ですね。また、そもそも自分の気持ちの問題が一番大切です。悪い天気の日に気持ちが乗らない時には、無理して売買を行う必要もないでしょう。むしろ売買をしない方が良いと思います。あくまでも自分の気持ちが乗っている時に、FXでの売買を行うのが大切だと思う次第です。
参考:http://xn--t8j4aa4nk48nb32a.com/

バイナリーオプションを扱う会社は何社かありますが、中でも有名なのがGMO外為オプションとYJFXのオプトレです。

 

バイナリーオプションは指定した時刻に為替がいくらになっているのかを当てるもので、6つか7つのラインが引かれており、判定時間までに指定したラインより上か下かを当てるだけなので比較的シンプルなものです。

 

GMOのバイナリーオプションとYJFXオプトレは何が違うかといえば、判定時間の長さ、スプレッド、開始から終了までの時間がそれぞれ異なります。

 

GMOの方は開始から終了までは3時間、判定時間2分、スプレッドはキリの良い10銭とか15銭単位でラインが引かれています。オプトレの方は開始から終了まで2時間、判定時間1分、スプレッドは毎回異なるの違いです。

 

大きな変動がないときはGMOの方がエントリーしやすいですが、乱高下を繰り返してるときはオプトレの方が終了時間までの間に何回か売買できます。

 

オプトレの横のラインのスプレッドはよく見ると毎回各回号ごとに違っているので、スプレッドの広さによって荒れる時間帯なのか、レンジ幅の小さい時間なのか推測することができます。

 

FXのテクニカルを駆使したのがオプトレで一番上のラインから一番下のラインまで、2時間以内に大体収まるように設定されています。

 

想定外のことが起きれば場外にラインがはみ出していくので、そのときがトレンドと判断できます。オプトレで場外まではみ出した場合は、FXの方でエントリーした方が利益が出やすいです。

 

場外にはみ出したときは買うに買えない状態なので、GMOの方でもチェックしてみて上下どちらかに大きく偏っていたら、バイナリーオプションよりFXの方が良いと思います。

 

バイナリーオプションの良い所はFXで損失を出したときにカバーができたり、その反対にバイナリーオプションで損を出したときにFXの方でカバーできる点にあります。

 

どちらも利点を活かしながら取引きすると楽しみながらFXをすることができるので、バイナリーオプションを扱ってる会社に口座を作っておくと臨機応変に対応できます。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:11:13

為替は株に比べるとむずかしいとよく言われていますが、勝ち組の理論を学ぶことで負け組みから常勝トレーダーの仲間入りをすることができるようになります。

 

国会議員で所得ランキング上位に入ってる政治家がFXで5000千万円稼いだというニュースがありましたが、その議員はFXの本を出しており「世界一わかりやすい!FXチャート実践帳」という本が話題を呼んでいます。

 

この議員は大手銀行の為替部門のディーラーを努めていたことがあり、投資の世界では常勝トレーダーとして有名な方です。投資家の行動心理学やテクニカル分析を徹底的に行い独自のやり方でFXを攻略しています。

 

FXはよくギャンブルに近いとか投資よりも投機だから負ける人が多いと言われることがありますが、勝ってる人がいるのも事実で議員のようにきちんとした手法を用いてFXをすれば回収率を上げていくことが可能になってきます。

 

どのテクニカルを重視しているのかといえば、基本的に移動平均線でチャート分析を行っています。過去のチャート分析を行うことにより、この先どのような動きをしていくのかおおよその予測を立てることができるからです。

 

FXで収支を上げていくには何度もチャート分析のトレーニングをしていくことです。実践でチャートをトレーニングしていくには、デモトレードがあるので基本的なパターンをマスターしていき、損切りのタイミングを理解していけばエントリー基準がわかってきます。

 

FXのテクニカルで必要なのは、トレンドライン、レジスタンスとサポート、チャートパターン、この3つをしっかりと頭に叩き込んでおくことが大切です。レジスタンスとサポートはレジサポと呼ばれており、レジスタンスラインは抵抗値、サポートラインは支持線を表しています。

 

FXを初めて行うときは、テクニカル分析の基本をマスターしていき、ライントレードをベースとした理論を身につけることで、回収率を上げていけるようになり、議員のように常勝トレーダーに近づくことができます。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:11:13

FXをするときに一番悩むのが、順張りがいいのか逆張りがいいのかということだと思います。順張りは上昇しているときにロングで入りそのまま波に乗れれば利益が出ますが、どこで決済したらいいのか悩みときがあります。逆張りも同じで下落傾向しているときにずっとその状況が続くのか、どこかでタッチアンドゴーのごとく底で反転してしまうのかこれも悩むところです。

 

順張りと逆張りは相場の流れを読みながら判断するのは大切ですが、基本的には各国の市場がオープンした時間とクローズする時間を意識しながら、順張りと逆張りの判断をしていくと勝ちやすくなります。

 

東京市場であれば午前9時から午後2時過ぎあたりまでが順張りの時間で、午後3時になると東京市場も閉まるので、午後2時30分ごろから逆張りした方が良い時間帯になります。

 

ロンドン市場だと夏時間の場合午後4時に市場が開かれるのでその時間に合わせて順張りを行い、ニューヨーク市場が開かれる直前の午後8時すぎに逆張りをしていくという方法もあります。

 

午後9時30分過ぎるとアメリカの指標が相次ぐので、一旦ポジションを整理して見送るようにすると良いと思います。順張りをするなら午後10時から0時までの間で、それ以降はロンドンの投資家もポジション整理してくるので為替も反転してきます。

 

ニューヨークのクローズ時間の午前4時近くになると、それまで上昇していたのが下降したり、下降していたのが上昇に転じることがあります。順張りと逆張りをするときは海外の投資家の動きに合わせて、利益確定の動きに出てきたら逆張りをすることで勝率が上がってきます。

 

FXの世界は例外があるのでいつもそのようになるとは限らないですが、適当に順張りと逆張りをするよりも、市場時間に合わせて状況判断していった方が迷いがなくなります。

 

午前4時から5時ごろのFXはニュージランドがオープンする時間でもあるので、値動きが一時的に激しくなることもあります。チャートの動きに合わせて順張り逆張りを意識するよりも、時間帯に合わせて判断した方がトータルで勝率アップします。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:10:13